FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

終末のフール      ~伊坂 幸太郎~

shuumatsu.jpg


伊坂幸太郎待望の新作!!です。

今回は
8年後に小惑星が地球に衝突し、世界が終わってしまう。
その発表があった5年後、つまり小惑星が地球に衝突するまで
あと3年になった仙台の街が舞台。
もっと細かく言えば、
仙台の郊外のヒルズタウンを舞台にした短編集。
もちろん、伊坂作品らしく、
それぞれの物語の登場人物が他の物語でも微妙に且つ絶妙に、
しかし決して邪魔にならない程度に
絡み合いながら物語が進んでいきます。

世界の終わりまであと8年。
パニックに襲われた人たちが暴行・略奪・殺人・自殺を
繰り返し、街はすでに街の機能を失っていた。
しかし、5年も経過するとそのパニックも沈静化し、
しばらく静の時期が訪れる。
その時期の様々な人の様々な終末の過ごし方。
どの話しも現実を見つめ、ただ、それでも最後までしっかり
生きていこうという前向きな姿勢で物語が綴られていきます。
ただ一作品「天体のヨール」以外は。
でも、この登場人物も最後は前向きな気持ちでいたのではないかと
思えるんだけどな。

残された時間が8年。
長いのか短いのか分からない。
そんな状況になったら
パニックになってしまうのも分かる。
そして5年の月日が経ってようやく静寂な穏やかな日が
戻ってきた、その5年間の状況を軽く扱っているのが
逆によかったんではないかな、と思う。

結局ほとんどの物語が3年後には世界が終わってしまうかもしれないという
悲壮感を漂わせながら
それでいて HAPPY END に近い終わり方をしているのが
読んでて心地よかった。

特に「籠城のビール」「演劇のオール」が良かったです。


第19回 山本周五郎賞 候補 (H18.5.8)



TBさせていただいたブログ

本を読む女。改訂版
本読みの日常
IN MY BOOK by ゆうき
かみさまの贈りもの~読書日記~
粗製♪濫読
活字中毒日記
+++ こんな一冊 +++
おいしい読書生活
+ ChiekoaLibrary +
苗坊の読書日記
マロンカフェ ~のんびり読書~
日だまりで読書
スポンサーサイト



コメント

おはようございます。
TBとコメントありがとうございました。
そうですね。パニックそのものをモチーフにした作品だったら、こんなにも心に残ることがなかったような・・・逆に、終わる瞬間でも、その時の衝撃だけで、あとあと印象には残りそうにもありませんよね。
沈静化した街にスポットをあてた伊坂さんのアイディアに脱帽です!
2006-05-17 09:34 ゆう #l0yaxqJ6 URL [ 編集 ]

こちらこそありがとうございます。
8年後に世界が崩壊する、って言われたら
大騒ぎですよね。
その大騒ぎが一段落した後の、そして新たなパニックまでの
つかの間の安らぎの時間に焦点を当てたところがミソだと思います。
やっぱり伊坂はいい!!
2006-05-17 22:42 す~さん #- URL編集 ]

こんにちは。TBありがとうございました。

私も「籠城のビール」は好きです。
この短編集を読んで、「パニック鎮静化後の世界を書く」というセンスが凄いと思いました。
2006-05-23 20:35 bibliophage #- URL編集 ]

>bibliophageさん

TB&コメントありがとうございました。

パニック中の世界を書くこともひとつだと思うんですけど、
終末期にもう一回起こるであろうパニックとの間の
一段落した世界に目を向けたところが良かったですね~。
2006-05-23 21:13 す~さん #- URL編集 ]

みなさんおっしゃるように
この危うい小康状態が描かれているからこそ
3年後のことが思われてたまらなくなります。
キックボクサー苗場の言葉が胸に残りました。
2006-06-10 11:34 ふらっと #2OrBXSes URL [ 編集 ]

>ふらっとさん

3年後はどうなっているんでしょうか?
自分だったらって思うと
想像だけでものすごく怖いですね。
苗場の考え方、僕も好きです。
2006-06-10 12:24 す~さん #- URL編集 ]

こんにちは。

TBとコメントありがとうございました。
この作品はいいですよねぇ。
苗場やニノ宮のように生きることが出来たら、幸せだよなぁなんて、思ってしまいました。もしも8年後に世界がなくなると思ったら、どうなるんでしょうね?
2006-08-11 20:08 苗坊 #NBnDs4.c URL編集 ]

>苗坊さん

8年後に世界がなくなるとしたら?
この本に出てくる人たちのように
達観できるかどうか・・・。
パニックになってどうしようもなくなる気がします・・・。
2006-08-14 13:49 す~さん #- URL編集 ]

これはもう設定勝ちですね。こういう事を思いつく伊坂さんはすごいなぁと思ってしまいます。「演劇のオール」も良かったですよね~ みんなが集結してしまう所なんかはなんか驚いたのとほほえましかったのとで顔がゆるんでしまいました。(笑)
今年読んだ本の中では、1,2を争う良さで、とても好きな本になりました。(*^-^*)
2006-09-20 07:43 板栗香 #no8j9Kzg URL編集 ]

>板栗さん

目の付け所が、・・・・です、よ伊坂さん!
どの話もよかったんですよね。
でも、「天体のヨール」。
アレだけはちょっと淋しいなぁ~って思いました。
次回作が楽しみな作家さんですよね!!
2006-09-20 21:56 す~さん #- URL編集 ]

やっぱりこの「設定」が話題になってる(*^_^*)
ユニークな設定ですよね~。

「天体のヨール」…もう既に輪郭が曖昧になってます(^^;)
2007-06-04 08:44 そら #7.dZtTuE URL編集 ]

>そらさん

やっぱりこの設定が一番のミソだと思いますよ。
比較的一番落ち着いている頃で
一番色々考えそうな時期ですもんね。
だから色んな話ができるんじゃないかな、と。
天体のヨールは『夜』とかけてんだろうな~。
2007-06-04 22:27 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/93-1f24563e

「終末のフール」伊坂幸太郎

あと7年後に小惑星が衝突して、地球が滅亡する。突然のニュースから巻き起こったパニックを経て、現在、地球滅亡まであと3年。暴動や集団ヒステリー、流言も沈静化し、どこか諦めや落ち着きを取り戻してきた市民の
2007-06-04 08:33 | 日だまりで読書

伊坂幸太郎 終末のフール

終末のフールposted with 簡単リンクくん at 2006. 9.17伊坂 幸太郎著集英社 (2006.3)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る幼い頃、父親の本棚で『日本沈没』という本を見つけた。今、映画化されて話題になっているあの本だ。子供の頃って死
2006-09-20 06:39 | マロンカフェ ~のんびり読書~

終末のフール [伊坂幸太郎]

終末のフール伊坂 幸太郎 集英社 2006-03あと3年で世界が終わるなら、あなたはどうしますか?「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されてから5年。発表当時の大混乱も少し落ち着いてきたそんな時期、そこで生きる人々の暮らしは…。表題作「終末のフール」の
2006-08-14 15:32 | + ChiekoaLibrary +

終末のフール 伊坂幸太郎

終末のフールオススメ!8年後、地球に小惑星が衝突し、世界が滅びるという報道が全世界に流れた。報道されてからの5年間、世界は荒れた。どこもかしこも渋滞し、絶え間なく殺人事件がおき、働くものはほとんどいなくなった。世界の終末まであと3年。束の間の平....
2006-08-11 19:59 | 苗坊の読書日記

終末のフール/伊坂幸太郎/集英社

自分の終末を考えちゃう度★★★★★ひとりだけ生き残るほうが怖いかな。。。個人的には「天体のヨール」と「鋼鉄のウール」がお気に入り。終末のフール集英社 伊坂 幸太
2006-06-10 12:09 | おいしい読書生活

終末のフール*伊坂幸太郎

☆☆☆☆・ 終末のフール伊坂 幸太郎 (2006/03)集英社 この商品の詳細を見るあと3年で世界が終わるなら、何をしますか。2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表さ
2006-06-10 11:30 | +++ こんな一冊 +++

『終末のフール』 伊坂幸太郎 (集英社)

終末のフール伊坂 幸太郎 / 集英社(2006/03)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog<“いさかこうたろう”が奏でるおとなたちのための童話>本作は今までの伊坂さんの作風を継承しつつも、新しいスタイルというか方
2006-05-24 00:42 | 活字中毒日記!

『終末のフール』 設定のシュール

著者:伊坂幸太郎 書名:終末のフール発行:集英社世紀末度:★★★★☆ 小説すばるに掲載された伊坂氏の連作短編集。「小惑星の衝突によって地球が3年後には破滅することがわかっている」というSF風な設定。1「終末のフール」:  香取夫妻は長男和也を自殺で亡くして
2006-05-23 20:10 | 粗製♪濫読

終末のフール 伊坂幸太郎

3年後に、小惑星が地球に衝突、世界が滅亡する・・・そんな事実を抱えながら生きている人々の人間模様を描く連作短編8編。想像がつきそうでつかない「世界滅亡の日」。もし、自分がそんな状況におかれたら、どんな感情を抱き、どんな風に生きているのだろうか?テー...
2006-05-17 09:27 | かみさまの贈りもの~読書日記~

「終末のフール」伊坂幸太郎

終末のフール発売元: 集英社価格: ¥ 1,470発売日: 2006/03posted with Socialtunes at 2006/04/17あーなんかちゃんと感想を書けない気がするけど、書いてみる。いい本って逆にうまい感想が浮かばない。いつもそうだ。「博士の愛した数式」しかり「告白」しかり(あれは文体
2006-04-23 01:55 | 本を読む女。改訂版

 | ホーム |