FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

日曜日たち      ~吉田 修一~

sunday.jpg



吉田修一は芥川賞作品「パーク・ライフ」以来に読んでみました。
「パーク・ライフ」は読んでみて別に面白いともなんとも感じなかったので
それ以降読む気も起こらなかったのですが、
つい今回はてにして読んでみました。

5人の若者の特別な日曜日。

そしてその5人の現在と過去に現れる2人の兄弟。

微妙に絡まりあいながら話が進んでいく。
こういう話が割と好きなので一気に読んでいけました。

最初の話ではほとんど分からなかった2人の兄弟の
真実が少しずつ明らかになっていく。
その2人の兄弟と微妙に絡み合った5人の男女。
なぜか、それぞれの過去の中に強烈な印象を残していた。
お互いはなんの接点もないのに。
2~3作読んだ時点で、この話しは5人の男女の物語というより
二人の兄弟の話なんではないか、という気持ちが強くなってきました。

そして、現在の二人は・・。

読み終わった後、
これは特別な日曜日を過ごした5人の男女の話ではなく、
やっぱりこの2人の兄弟の話だったんだ、と確認しました。

この二人と接した時が日曜日で、
そして彼らに特別なことがあるのも日曜日。
二人の兄弟が引き合わせた幻想?なのでは・・・。

最後の表題作「日曜日たち」が二人の現在の姿を
垣間見ることができ、
一番切ない話しだった。

割と「吉田修一」も読ませる作者なんだなぁ~と
確認してしまいました。
今度は別の作品を読んでみようかな。

TBさせていただいたブログ
かみさまの贈り物~読書日記~
ぶんこや
スポンサーサイト



コメント

こんばんは。TBとコメントありがとうございました。
吉田さんの作品は、私もあまり読んだことがありませんので、この作品を機に読んでみようと思いました。
あの兄弟・・・最後はよかったですよね♪
あの兄弟以外は、どうでもいい・・というのが正直な感想ですね。(笑)
2006-06-10 19:03 ゆう #l0yaxqJ6 URL [ 編集 ]

>ゆうさん

コメントどうもです。
影の主役はあの二人だったんではないでしょうか?
幸せになってくれるといいんですけどね~。
吉田修一は結構難しいです。
今まで読んだものは・・・。
もっと軽く読めるのはないかなぁ~と探しているところです。
2006-06-12 23:59 す~さん #- URL編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://pochikun99.blog40.fc2.com/tb.php/99-3302999d

日曜日たち 吉田修一

東京で一人暮らしをする若者たちの、それぞれの「日曜日」をリアルに描く連作短編5編。失踪した母親を探すために家出してきた幼い兄弟が、各編を渡り歩き、5人の主人公たちと接点を持つことで、連作という形に収まっている。驚くような突飛なストーリーではなかった...
2006-06-10 19:01 | かみさまの贈りもの~読書日記~

 | ホーム |