FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

花散らしの雨   ~高田 郁~

hanachirashi.jpg

前作が面白かったので即買いして読みました。

前作で火付けにあって店を焼かれた店主・種市と澪は
場所を変えて新しい店を出す。
新しい場所に移ったので
新しい人物も登場。
なかなか一癖もふた癖もある人物たちだが、
やはり性根の部分はとても優しい。
その人たちに囲まれながら美緒は少しずつ成長していく。

今回もところどころに泣かせどころがあり、
涙こらえるのに大変でしたよ。

ふきの身の上
あさひ太夫との障子越しの対面、
ほろっときます。

その反面澪の恋の予感。

まだまだ続きそうな物語です。
って言うか、続編読みたい。

今回もおいしそうな料理の数々。
巻末のレシピを参考にして作ってみようか。

八朔の雪   ~高田 郁~

hassaku.jpg

久しぶりに本を読みながら涙しそうになった作品です。
人の優しさを強さを改めて知らしめる作品でした。

大阪で名のある料理屋に勤めていた澪。
その店を火事で失い江戸に出た主人の息子を頼りに
主人夫婦と大阪を出る。
しかし、江戸の店は人手に渡り
主人は死、その妻、芳と狭い長屋で暮らし始める。
近くのそば屋で料理人として働きながら
店の復興を固く誓う澪であったが・・・。

なかなかうまくはいかず、
色んな事件が彼女を襲う。
しかし、そんな中でも人の優しさに助けられながら
少しずつ強くなっていく。

女将であった芳と奉公人だった澪が
いつの間にか本当の母子のようになっていくのがジーンときた。
そして洪水で身元不明になった親友との再会。
世の中悪いことばかりじゃないよ、と
そうだ、自分も強くならなくちゃ、と思えた。

さらに物語に色を添える料理の数々。
最後にはレシピも載っていて作ってみる価値はありそう。
読んだだけでおいしそうだな、って分かる料理でした。

««前のページ  | ホーム |