FC2ブログ

プロフィール

す~さん

Author:す~さん
最近では本を読む時間が増え、
映画を見る時間が減少。
ブログも色々やってるのに
メインはここ。
どうか見てやってください。
TB、コメント非常に喜びます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


フリーエリア

現在の閲覧者数:

シンデレラ・ティース   ~坂木 司~

cindelella.jpg


歯医者嫌いの女子大生が、夏休みのバイトに入ったところは
歯医者だった。

いやぁ~、僕は歯医者好きなので、
なんかわくわくしながら読みました。
こんな歯医者だったら、みんな好きになるかも。

登場人物がみな個性的で
でも、狭い場所が舞台なので
あまりその個性が活かされてないような気がしました。
そこが残念。

歯に関する知識も織り交ぜながら
患者の抱える秘密、謎を
歯科技工士である四谷と受付の咲子が解き明かしていく。
これは・・・
って言うか四谷が『引きこもり探偵』シリーズの鳥井に
雰囲気が似ている・・・。
後半、咲子との仲が進んでいくにつれて
その印象も減っていきましたが、
ちょっと恋愛物に流れて言ってしまったのが残念。

でも、面白かったですよ。

TBさせていただいたブログ
ナナメモ
苗坊の読書日記
まったり読書日記
ほんだらけ
AOCHAN-Blog
+++こんな一冊+++
粋な提案
しんちゃんの買い物帳
新・たこの感想文

ワーキング・ホリデー   ~坂木 司~

workingholiday.jpg


元ヤンキーで今はホストの大和の元へ
息子と名乗る小学生がやってきた。
その息子とのひと夏の親子の物語。

小学生の進が妙に味がある。
小学生のくせに、
家事全般に口うるさい。
ごみは分別して出せ、だの
食費は切り詰めなきゃ、だの、
妙に料理はうまいし、
洗濯掃除だって、並みの主夫では太刀打ちできないような完璧さ。
だからふとした瞬間に見せる
小学生らしさ、
父を慕う子供の姿を見ると
何故かきゅんとしちゃいますね~
これが父性でしょうか?

店の客を殴ったために店をクビになってしまったヤマト。
しかし、そのオーナーが働き口を斡旋してくれる。
それが、運送屋。
車ではなく、リヤカーで住宅街をひた走る。
時折、元ヤンキーの血も騒ぐけれど、
リヤカーを引く姿は好印象。
そしていきなり現れた息子との生活に
戸惑いながらも、やはり父性を取り戻していくヤマト。
途中、ステレオタイプ的な父と息子のやり取りなんかも出てきて
その辺がもったいなかったけれど
全体的に面白く読めました。

物語中、木村栄三郎さんの名前が出てきたのに
にやりとしたのは自分だけではないはずです。

TBさせていただいたブログ
粋な提案
待ち合わせは本屋さんで
いつか どこかで
まったり読書日記
はちみつ書房
ナナメモ
ほんだらけ
しんちゃんの買い物帳
苗坊の読書日記
新・たこの感想文

動物園の鳥   ~坂木 司~

zoo.jpg



引きこもり探偵シリーズ最終章

今作品では
鳥井をいじめ、人間不信に陥らせた張本人も出てくるし、
いつもに増して緊張感の溢れる作品でした。

しかし、今の鳥井にはそいつも敵ではなくなっていました。
やはり心のよりどころ、唯一絶対無比の坂木というよりどころがある
鳥井は坂木が取り乱さない限り、
取り乱すこともない。
そこまで深いつながりなんだよな。
相変わらずうざいと思ってしまうけど、
そこまで頼り頼られれば本望なのかも。
まぁ、自分は望まないけど。

この作品では一度出てきた登場人物が
その後もこの二人の周りにしっかり現れて
その後の関係も描かれているのが良かったです。
みんな自分の持つ傷やトラウマを少しずつ解消できて、
自分の道を歩いて行っている。
そこはすごく良いんです。

そして、最後坂木がとった行動も、
今まで読んできたからか、
よくやった坂木と初めてほめてあげたくなりました。
そしてその後の鳥井の行動にも、

やっぱり僕はこの二人のことが好きなのかもしれません。
きっと最初は
鳥井の態度に腹を立て、
でも、ちゃんと二人のことを認められるようになるんじゃないか、と。
偉そうですけど。

これで鳥井シリーズは最後ですが、
しばらくして
その後の鳥井と坂木の物語を読んでみたいと思います。

仔羊の巣   ~坂木 司~

kohituji.jpg


引きこもり探偵 鳥井真一シリーズ第2弾。

相変わらずの鳥井である。
やっぱり好きになれない。
坂木も好きになれない。
なのになぜこうも惹かれるのだろう?
分からない。

今シリーズは3編からなる連作短編集。
どの作品も
心にキズを抱え、
それを隠しながら毎日を生きている。
そしてちょっとした事件に巻き込まれ、
あるいはちょっとした事件を起こし、
鳥井と坂木に出会う。
その事件を解決した後、当事者はキズを克服していく。

どれも同じパターン。
坂木が事件を持ってきて、鳥井が解決。
引きこもりの鳥井を何とか外に出したいと思う坂木がとる行動が
色んな事件の解決を鳥井に頼むというもの。
それでいて坂木の心の中には
鳥井が他の人間と交わっていくことに一抹の寂しさと不安を感じている。

お互いがお互いの存在なくしては生きていけない、
そんな共依存の関係にある二人。
正直うざかったりする。
周りの人物に対しては逆に好印象を受けるだけに
この二人に対するうざいという気持ちは強烈に残ってしまう。
鳥井の周りの人間に対する言動。
それが彼の鎧なんだと理解することはできる。
でも、やはり人物設定にやりすぎな感が否めなくて・・・。

あ~俺ってすごく冷たい人間なんじゃないだろうか?そう思えてならなくなる。
でも、やはり鳥井は好きになれないし、坂木も好きになれない。
でも、この物語には興味を覚え、
この二人の行く末も気になってしまうのだから
不思議だ・・・。

本当は好きなんじゃないの?なんて声が聞こえてきそうです。

青空の卵   ~坂木 司~

aozora.jpg


ミステリーはミステリーだけど、
殺人などを扱っていないためか、比較的気分よく読める。
まぁ、語り手である坂木と探偵役の鳥井。
引きこもりになってしまった鳥井を何とか外に出そうとする坂木。
しかし、外に出して事件に遭遇し、その事件に関わった人と接することで
少しずつ外界と触れることになる鳥井に対して複雑な心境の坂木。
この二人を中心に話しは展開していきますが、
この二人の関係が微妙っちゃ~微妙で。

鳥井が引きこもりになった原因は2つ。
母親の不在とイジメ。
そこに鳥井の存在に惹かれていた坂木が手を差し伸べたところから
二人の関係が続いていく。
二人の関係は単なる友人という枠を超え、
どちらにもなくてはならない存在。
そう、たとえば、親子・・・のような、
でもその関係に読んでいるうちにちょっとだけ違和感が。
共存というよりどちらもお互いに依存しあっている
そんな関係がちょっとだけ痛いなぁ~と。

話自体は日常のミステリーの類なので、
読んでいて肩も凝らないし、
読みやすいとは思う。
連作短編集になっているが、
途中出てくる事件の中心人物たちも、その後も顔を出しているし、
その点では良かったかな。

優しさの押し売り的な話もあるけれど、
でも優しさだけじゃダメなんだよね、とも気付かされる話が多くて
好印象でした。

TBさせていただいたブログ
しんちゃんの買い物帳
はちみつ書房


««前のページ  | ホーム |